隠れ蕎麦の里!丹沢の名水と地元産の玄蕎麦~秦野~

先日、美味しい水日本一に輝いた秦野ヤビツ峠 護摩屋敷の水を汲みに行った際にとても気になったお蕎麦屋さんに行ってみました。

日本一の水で打つお蕎麦なら美味しいに違いない!と思い調べてみると…

石庄庵(いししょうあん)というお蕎麦屋さんで、全国約4万軒と言われる蕎麦店の中で、つねにベスト100店に選ばれているすごいお店です。

蕎麦の自家栽培や地元野菜の地産地消を継承し丹沢の名水を使用したスローフードのお蕎麦屋さんだそうで、店の側にそば畑もありました。

国道246号の「落合」信号をヤビツ峠方面へ行くのは護摩屋敷と同じですが、石庄庵さんは途中写真の看板が出てくる道を右に折れます。

右に折れると道が急に細くなりますが3~4分ほど細い道を走ると広い駐車場と畑が見えてきます。

 

駐車場には庭園があり、階段を上るお店までの小径には季節の花が咲き可愛い柴犬がお出迎えしてくれます。

  

どうやらマスコット犬の石庄庵太郎くんというそうで、とてもおとなしいマイペースな柴ちゃんです。

もう少し上ると湧水が出ていて、この水で美味しいお蕎麦を打つんだな…の期待が高まります。

水を汲んでお持ち帰りさせて頂けるようです。

玄関前にはテラス席があり、ここでは愛犬と一緒に蕎麦が食べられるそうです。

お店に上がると奥に広く、小部屋がいくつかありました。

途中石臼のある蕎麦打ち場を通り、一番奥の部屋に案内して頂きました。

お庭が見える丸窓に、棟方志功の絵が飾られた落ち着いた部屋です。外は木々の緑がきれいです。

 

メニューの字が小さくて、眼鏡がないわたしはちょっと苦戦しましたが…季節のお蕎麦が入る「三食せいろ」を頼んでみました。

ラッキーなことに伺ったのが金曜日でレディースDAYだそうで、飲み物か蕎麦汁粉がサービスとのことで

迷わず蕎麦汁粉をお願いしました!

まず、きれいなお盆がきてツユや塩、薬味が運ばれてきました。

ここで夏の季節のお蕎麦は落花生ということと、食べ方の説明をしてくれます。

三食せいろ1枚目は季節の蕎麦で、夏だったので秦野名物 落花生が練りこまれた蕎麦と落花生入りの付けツユ。

ツユは粒々の落花生入りでよい香り。

 

1枚目の落花生蕎麦が来ました。

とてもツルっとした細いのど越しよい蕎麦で、蕎麦だけだと落花生感がわかりにくかったのですが、ツユにからめると落花生の味わいが際立ちます。

甘くないさっぱりとした付けツユなので磨り潰した落花生の甘みと合います。

2枚目はこれも細くてツルっとした十一せいろ。

塩で食べても味わいがあり、のど越しがよいです。

3枚目は田舎蕎麦。太くて噛み応え十分で蕎麦食べてる満足感が一気に上がります。

レディースデイのサービスの蕎麦汁粉が熱々で運ばれてきます。甘さが控え目ですが、底には小豆がしっかり入っていて大満足!

デザートとして注文もできるようです。

コース料理もあり、宴会も対応している大きなお蕎麦屋さんですが

3色せいろもきちんと1枚ずつ頃合いをみて出してくださったので

お蕎麦を大切にしているお店だなと思いましした。

太郎くん帰りもお見送りしてくれました。今度は違う季節のお蕎麦を食べてみたいです。

ヤビツ峠 護摩屋敷日本一美味しい水を汲んで、美味しいお蕎麦を食べる休日もよいですね!

手打ちそば 石庄庵

https://www.townnews.co.jp/pr/ishisho.html

https://www.facebook.com/手打ちそば-石庄庵-514070652076687/

営業 11:30~20:00(18:00以降は電話確認 要予約)

休日 月曜(祝日は翌日休)

℡ 0463-82-1222

秦野市寺山1580(国道246落合信号をヤビツ峠方面へ)

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。