引き算のパン作り!具材の野菜は自家菜園で~パンの町湯河原~

パンの町湯河原では週末だけ営業しているパン屋さんも数件あります。

ここ「レモンの木」は土・日のみ営業のちいささなパン屋さんです。

庭にシンボルツリーのレモンの木が植えられているのが店名の由来だそうです。

山を少し登ったところにありますが、そこまで山奥ではなく近くに有名な温泉施設もある住宅街の一角です。

レモンの木の特徴は、酵母が白神こだま酵母を使用していることと、店主がこだわる「引き算のパン作り」です。

引き算のパンとは…酵母と厳選素材のみを使用し、余分なものは一切加えない!ということだそうです。

例えば、メロンパは国産小麦(自家栽培の小麦も入ったりします)、ミネラルォーター、無塩バター、国産きび砂糖、これだけで作ります。

余分なものが入らない安心のパン作りは店内ポップの原材料表記にも表れています。

店内は2畳ほどの広さで4人くらい入ると満杯ですが、お馴染みさんは手慣れたもので目的のパンを買うと次の人に入れ替わります。

次回のメニューがレジ前に印刷され置かれているので、次にどんなパンが並ぶかわかるようになっているからです。

常時約10種類くらいのパンが並びます。

自家農園で採れたての新鮮野菜を使う人参パンは形も人参で、新鮮なあかしの葉っぱもついています、ほんのりと自然な甘さの野菜パンです。

ケークサレも季節の野菜が入りますが、買ったときにはたっぷりの枝豆がゴロっと入り程よい甘さと野菜の甘さで食べ応え満点でした。

玉子サンドも玉子の味付けが優しく、ゆがわら名物 担々やきそば入り焼きそばパンもソースまで手作り!野菜はもちろん自家菜園の野菜入り。

湯河原ならではのサービスもあります。

湯河原在住の人気作家、西村京太郎氏の本コーナーがあり、無料で貸し出してくれます。

こんな楽しい自然の中のパン屋さんにぜひいらしてください!

 

 

 

 

 

白神こだま酵母のパン工房 レモンの木

営業 12:00~16:00 売り切れ次第終了

営業 土・日

湯河原町吉浜1848-17 (ゆとろ嵯峨沢の湯、ゆうゆうの里 近く)

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。